マカロンの魅力や作り方

マカロンの魅力や作り方

16世紀にフランス国王アンリ2世に嫁いだ、フィレンツェの名門メディチ家のカトリーヌ・ド・メディシス姫によりましてフランスに持ち込まれたと言い聞かされております。食べやすい小柄なサイズで豊富なカラーバリエーションがあって、マカロンを販売したりする洋菓子店のショーケースを見るだけで幸せな気分になれます。

1個だけですがカワイイのですが、詰め合わせはマカロンの魅力をより引き立たせてくれるでしょう。すっかりフランス洋菓子のビジョンがあるマカロンですけど、その発祥はフランスでではなく、イタリアです。

さらに、「正式名称に「パリ」と付いてるぐらいということで、フランスが発祥では?」と考えた方もおられるのでしょう。マカロンの正式名称は、「マカロン・パリジャン」という。

そこから、アレンジされながらフランス各地で広まったそうだ。卵白と砂糖を泡立てたメレンゲに、くるみやアーモンドなどの木の実を細かく砕いて混ぜ合わせ、一口大に焼き上げるのが一般的な作り方です。

マカロン=フランス洋菓子というビジョンが定着してる方は多くなったのでは。マカロンの魅力はなんと言いましても「可愛らしい見た目」です。

ふんわりとした軽口当たりとつるつるした表面が特徴的なフランスの焼き菓子です。


ホーム RSS購読 サイトマップ